横浜の会社設立webトップページ会社設立後の手続き
直前のページに戻る

-会社設立Webのブログ更新情報-

会社設立後の手続き

1.法務局の窓口で、
印鑑カード、登記事項証明書(旧:登記簿謄本)、印鑑証明書を取得する。

登記完了予定日以後に管轄法務局に行き、窓口で配布される「登記事項証明書交付申請書」「印鑑カード交付申請書」「印鑑証明書交付申請書」の必要事項を記載し、登記印紙(法務局内の売店で購入できる)を購入し、必要な通数を交付申請すれば、取得することができます。
その際には、会社実印運転免許証等の本人確認できる証明書を持参してください。

(例:県税事務所と市町村にはコピーの提出で良い都道府県市町村の場合)

提出先 登記事項証明書 印鑑証明書
税務署(法人設立届) × ×
県税事務所(法人設立届) ×(コピー可) ×
市町村(法人設立届) ×(コピー可) ×
年金事務所(社会保険加入のため) 1通 ×
労働基準監督署(労災保険加入のため) 1通 ×
ハローワーク(雇用保険加入のため) 1通 ×
××銀行 1通 1通
××信用金庫 1通 1通
〇〇不動産会社(事務所賃貸借契約) 1通 1通
〇〇取引相手(業務受託契約) 1通 1通
合計 7通 4通

次に、法務局の登記事項証明書(旧:登記簿謄本)、印鑑証明書発行窓口の自動発行受付機に印鑑カードを入れると、タッチパネル操作で、簡単に登記事項証明書と印鑑証明書の発行手続きができます。 ※登記事項証明書は、原則として履歴事項全部証明書を手に入れてください。

2.法人番号を確認する。

現在、日本国では、会社が設立されると、個人番号(マイナンバー)と同様に、法人番号が発行されます。 この番号は、今後様々な行政官庁に対する手続きで必要とされるケースが増えますので、会社が設立されたら、下記のリンクから国税庁のHPから自分の会社の法人番号を確認しておくと良いでしょう。

右矢印国税庁の法人番号の検索ページへ

3.税務署に必要書類を提出する【準備中】