トップページ会社を作るために考えるべきこと[創業に役立つ情報]創業融資・助成金に関して[公的融資の基礎知識]
創業融資を受けるに当たって
直前のページに戻る

-会社設立Webのブログ更新情報-

創業融資を受けるに当たって

創業時の融資(創業融資)

7年ほど前、政府系金融機関(国民生活金融公庫、信用保証協会)から公的融資を企業がうけるためには、業歴が2年以上必要でした。

つまり、経営実績の無い創業したばかりの会社は、公的融資を受けられなかったのです。

しかし、現在では「創業融資」という制度があり、創業して1年以内の会社でも、要件を満たせば公的融資を受けられるようになりました。

これは驚くべき革新なのです。

なんの実績も無い、創業したての企業が、公的融資機関からお金を借りられてしまうのですから!

公的融資を受けることは簡単か?

公的融資を受けることが簡単だと述べるコンサルタントがいますが、信じないでください。

難しいに決まっています。

理由は単純です。

皆様は、初めて会った人にお金を貸しますか?

答えは殆どNOだと思います。

誰だって、初めて会った人にお金を貸すのは「怖い」です。

それは、公的融資機関も同じです。

つまり、どう考えても、常識で考えれば難しいのです。

その「怖い」という気持ちをどれだけ軽減させられるかが公的融資を成功させる秘訣なのです。

融資コンサルタントとは、単に書類(事業計画書等)を作成する人ではありません。

この融資機関が抱く「怖い」という気持ちを軽減させるために、本物のコンサルティングを行うことができる専門家なのです。

会社設立の仕方に要注意

創業融資を受けられるかどうかは、会社設立の仕方で決まってしまう場合があります。

特に設立のタイミング、資本金、株主構成、役員構成、営業目的、法人設立届は、最も重要な要素です。

上記のポイントにミスがあると、そもそも「融資資格が無い」とされ、創業融資を受けられなくなってしまう場合がありますので、要注意です。

創業融資を考えるなら、融資が得意な会社設立業者に依頼するのが確実です。

Copyright © 2002- 山田行展行政書士事務所 All Rights Reservrd.