横浜の会社設立webトップページ事務所概要セキュリティ・ポリシー
直前のページに戻る

-会社設立Webのブログ更新情報-

    セキュリティ・ポリシーに関する規定

    紙ベースの文書の処理基準に関して

    当事務所は、紙ベースの文書に関して以下の3ランクで管理をしています。

    • ランクA 個人又は法人の実印の印影が確認できる書類等
    • ランクB 個人を特定できる情報が記載されている書類、法人の経営情報を特定できる書類等
    • ランクC その他の重要性がない書類等

     ランクAの文書に関しては、クロネコヤマトの文書融解処理サービスにて処理しています。ランクBの文書に関しては、シュレッダーで破砕し、産業廃棄物収集処理業者に委託して処理しています。ランクCの文書に関しては、環境保護の見地から、そのまま廃棄物収集処理運搬業者に委託して処理しています。

    書類及びデータの保管方法及び保管期限に関して

    当事務所は、お客様から受領した紙ベースの書類に関しては、重要性に応じて鍵付きの書庫に保管し、契約終了後1年間は紙ベースで保管し、以後4年間をPDFファイル等のデータ保存形式で保管します。

    また、お客様から受領したデータに関しては、契約終了後5年間保管いたします。

    データのバックアップ方法に関して

    当事務所は、下記の図の通り、二重にデータのバックアップを行い、月1度バックアップしたデータを着脱式ハードディスクにて物理的に切り離して保管しております。

    会社設立Webデータバックアップ概念図

    不正アクセス及びウィルス対策に関して

    当事務所は、データ・セキュリティの確保のため、データの上りと下りに関して、ファイアーウォールを適用し、不正アクセスを防止すると共に、常にウィルスチェックを行っています。従って、エクセルVBA、PDF等に施されたマクロプログラムをウィルスと判断し、削除してしまう場合があります。

    また、1日に1度サーバー及びコンピュータシステム全体にウィルスチェックを施し、ウィルスの発見と駆除を行っています。

    尚、ウィルス定義データのパッチは常に最新のものを適用しています。

    Copyright © 2002- 山田行展行政書士事務所 All Rights Reservrd.