トップページ会社を作るために考えるべきこと[創業に役立つ情報]創業融資・助成金に関して[公的融資の基礎知識]
国民生活金融公庫と信用保証協会の相違点1
直前のページに戻る

-会社設立Webのブログ更新情報-

国民生活金融公庫と信用保証協会の相違点1

国民生活金融公庫と信用保証協会の組織的な相違

国民生活金融公庫は、自分の判断で融資を実行できる政府系の融資機関です。

信用保証協会は、民間の銀行(三井住友銀行、みずほ銀行等)と連携して融資を実行する地方公共団体系の融資機関です。

この部分が分かりにくいと思います。

つまり、

国民生活金融公庫=民間の銀行+信用保証協会

と考えてください。

つまり、国民生活金融公庫に創業融資を申し込む場合には、国民生活金融公庫が融資の可否を判断し、融資を実行するのですが、

信用保証協会を利用する場合には、民間の銀行がお金を貸しますが、その連帯保証人としての役割を果たすのが信用保証協会ということなのです。

すなわち、融資の可否を判断するのは、信用保証協会で、融資を実行するのが民間の銀行ということになります。

従って、信用保証協会を用いて公的融資を申し込む場合には、

まず、

このように信用保証協会を利用した公的融資は、国民生活金融公庫に申し込む場合に較べて、民間の銀行の承諾と信用保証協会の承諾という2段階の手続が必要となるのです。

Copyright © 2002- 山田行展行政書士事務所 All Rights Reservrd.